SARTORIUS GROUP LOGO  

水質がデータの質にもたらす影響とは

水は紛れもなく、ライフサイエンスにとって必要不可欠なものです。
水がなければ、地球上の生命を作り上げているさまざまなメカニズムや相互作用を徹底解明するための手段は得られません。現代の研究施設の至るところに水が存在することからも、水の重要性がうかがえます。

今日では水はほぼすべての研究施設において、蛇口をひねったり、スイッチを入れたり、ボタンを押したりするだけで、自由に利用することができます。とはいえすべての水が一様というわけではありません。
水は極めて多種多様な溶質の溶媒として作用し1、生命を支えているがゆえに、汚染の危険性が高くなります。そのため同一ラボ内でも、ある実験に使用される水と別の実験に使用される水とで組成が異なる場合があり、データの精度・完全性・再現性に重大な影響をもたらしかねません。

本eBookでは、水質が研究結果にもたらす影響を再度整理し、実験用超純水の製造において必要となる情報をご紹介しております。


     
こんな方にオススメ 大学・企業の研究者の方、製品品質管理に携わっている方、超純水製造装置を利用しているすべての方
申込期間  
コンテンツイメージ
講演内容
参加費
定員 申込受付中
主催
共催
協賛
留意点


お問合せ

ザルトリウスグループ・ジャパン